中高の思い出を断捨離した

 


f:id:arimaru_alma:20190819000453j:image


f:id:arimaru_alma:20190819000504j:image


院試も終わったので部屋の断捨離をした。

そもそも物をあまり持っていない私の部屋には洋服と化粧品と本とぬいぐるみしか置いてないのだけれど、そのどれにも属さない「思い出の品」というカテゴリで捨てるに捨てれなかった品物が幾つか部屋に残っていた。
眺めるだけしか使用用途もなく、そもそも「思い出の品」として取ってあるにしてはそれ程大した思い出もないので、品物についての記憶をインターネットに記して供養してから全部捨てることにする。


・ゴム製のきのこのおもちゃ

高校時代に友達となんらかのガチャガチャで引き当てたストラップのチャーム部分。ずっとしめじだと思っていたがある日バイト先の先輩に指摘されこれはしめじではなくえのきだということに気がついた。ただのゴムのおもちゃなのだがある日消しゴムを忘れて試しにこれで擦ってみたら文字が消えたので一日これを消しゴムとして使用したことがあり、端が少し黒ずんでいる。

ストラップ部分があったときは携帯にくっつけていたが壊れたのでそれからは無断で教室の後ろの黒板に飾っていた。たまに昼休みにボール代わりにしてキャッチボールをして遊んでいた。


・コマのおもちゃ

高校時代に友達が突然教室に持ってきた。何かの付録だったのかもしれない。2つあったので友達と対戦していたら若い数学の教師が割り込んできて私と数学の教師と対戦した。これで遊んだのはその時の1回しか無い。友達はずっとこれを「ベイブレード」と呼んでいたがこんな簡素なベイブレードがあってたまるかと思う。

・校章

通っていた中学、高校の校章。中学の校章は3年間きっちり制服に付けていたが高校の校章は入学から1週間で外した。私服高校だったので、どんな服を着ていてもこの高校の生徒とわかるように見えるところに付けなくてはいけないという決まりだったが、誰も守っている者はいなかったし、教師もそれについて何とも思っていないようだった。

・文化祭の劇で使った衣装のリボン

高三の時の文化祭で劇をやったときに使った衣装の一部。何故受験生の秋に劇などやらねばならんのだと思っていたけど伝統!!!絆!!!劇頑張った生徒は受験も制する!!!みたいな圧倒的自称進学校のパワーでねじ伏せられていたので不満を漏らすことは許されなかった。準備はまあまあ楽しかった。
ダンスの練習のとき合間を縫って体育館の床に伏せて物理の重要問題集を解いていた。あまりにダンスが下手すぎる私と陰キャ男子にリーダー格のダンス部女子が頭を悩ませ振り付けがどんどん簡単になっていった。


ヘタリアのフランスというキャラクターのハンカチ

中学時代にヘタリアならフランス推しかな〜と言った私にアニメイトに行ったという友人がお土産で買ってきてくれた。友人は地元が秋葉原という超都会っ子(そもそも中学が秋葉原に近かった)だったので、アニメグッズも地元の名産品みたいな認識なのかな〜と中学一年生だった私は思った。


河下水希のポスター

ジャンプの付録だった。河下水希が好きだったので取ってあった。これについては特に何の思い出もない。


・高校受験で通っていた塾で宿題をメモするための小さいメモ帳

今なら全部携帯でメモするけどまだ授業中に携帯を取り出すことは悪とされていた時代のメモ帳。図書館など喋ってはいけない場所で友人と筆談するために使用したりもした。少し見直してみたらタオという名前の先生に「タオパイパイ」とあだ名をつけたりドラゴンボールを知らない友人に「下ネタやめて」と返事をされていたりした。


・14Gのボディピアス

高2のときにピアスを11個開けていた友人の影響で5個ピアスを開けた時に付けていたもの。(2つはすぐに塞いだのでもう穴はないが未だに軟骨に空けた跡のしこりが残っている)髪もその友人の影響でブリーチして金に染めたりしたけど全く似合ってないので今すぐ辞めろとタイムスリップしてあの頃の自分に言いたい。ファッションもAnk Rougeとかaxes femmeとかフリフリの物を怖気づかずガンガン着てたしその頃の方がよっぽど電通大生女子らしい容姿をしていた。

そもそも高校時代からこのシンプルなデザインのボディピアスを可愛いと思ったことはなく、そそのかされたとはいえなんでこんなの付けてたのか今となっては疑問である。昔から花とか星とかかわいいものの方が断然好きだったのに…。

 

こうして並べてみると自分も結構ちゃんと人と関わりながら中学、高校時代を過ごしていままで生きてきたんだなという当たり前のことを思い出す。昔の自分はなかなか幼くて馬鹿で嫌な奴だったけど、あの頃私と仲良くしてくれた人は本当にいい人ばかりだった。今ではほとんど連絡も取ってないしSNSも知らないから何をしてるのか分からないけど、元気でいるといいなと思う。

ピザパした

 

 

 

この日は何気なくTwitterを見ていたらドミノピザは水曜日にピザを3枚頼むと割引されるという情報を得たので先輩に伝えて突発的にピザパーティーをすることになった。とは言ってもそれほど人が集まる研究室でもないので、ピザパーティーというよりはその場にいた3人でピザをシェアし合う会を開催した。
院試の勉強と研究をそっちのけて何を頼むかディスカッションしたりL3枚にするかM3枚にするか悩んだりYouTuberがピザを食べる動画を見てLサイズのピザの大きさにビビったりしてピザの種類を決め、受け取り場所を電通大に指定して注文した。

 

届くまでの間は西友に行って飲み物やポテトなどの付け合せを買った。一番乗り気じゃなさそうだった先輩がカット野菜と生ハムとドレッシングを買い研究室で生ハムサラダを作ろうとしていたのが宴へのモチベーションを感じて面白かった。

届いたピザを受け取りに行ったらデリバリーのお兄さんに「実は僕も電通大生なんです」と明かされた。調布にはたくさん電通生が生息している。正門での受け取りを指定してしまったけど図書館下まで持ってきて下さいとか言えばよかった。
最近よくキャンペーンやってるし、調布のドミノピザはたくさん電通大に配達してるんだろうな🛵


f:id:arimaru_alma:20190705010131j:image

 

ピザおいしかった。またやりたい。

納涼してる場合じゃない




f:id:arimaru_alma:20190704012555j:image


納涼船に乗った。前から乗ってみたかったので結構楽しみにしていた。浴衣を着るつもりでわざわざ楽天で髪飾りを探したり物置から帯を引っ張り出したりして準備していたのだけど、着替えるために一旦家に帰らなくてはならなくて大変なので、洋服のまま学校から直で行くことにした。

 


f:id:arimaru_alma:20190704012701j:image


夜景はなかなか綺麗だった。飲み放題のアルコールはビールとレモンサワーとピーチサワーしか種類がなかったけど十分だった。食べ物はたこ焼きと唐揚げを買った。お祭りの屋台の味がした。
船の中はナンパ祭りで2人組で来ている女の子はほぼ全員男の子に声をかけられていた。私たちは隅の方で邪魔をしないようにその様子を観察していた。女子2人組に男子4人組が話しかけて、しばらくしたらそのうちの2人が場を離れ、ほかの女の子に声をかけに行き、2人が戻ってきたら留まっていた方の2人が場を離れて他の女の子に声をかけに行くというターン制ナンパをしていたのが1番面白かった。


乗船から1時間くらいして甲板のほうで涼んでいたら「ナンパって楽しいな!俺たち今日来てよかったな!」とはしゃいでいる男子二人組が居てなんかハイタッチしたり2人で海を眺めたりしてて楽しそうだった。男子だけでそんなに盛り上がれるなら別に女の子に声をかける必要も無いのでは…?そして1時間でそのテンションになれるのはお酒に弱すぎる。

 


f:id:arimaru_alma:20190704012408j:image

東京タワーも見れた。
この写真を撮っている時後ろの男女の集団から「君ら明治大?!奇遇やな、俺ら関西大学!俺らの大学関西の明治って呼ばれてるんやで!」
みたいな声がしてどこも奇遇じゃなくてちょっと面白かった。

 

平日だったからかかなり空いていて快適だった。土日だったらもっとナンパ凄かったんだろうな〜。かなりコスパよかったし行ってよかった。けどナンパ怖いからあと3年くらいは行かなくていいかな…。

韓国料理おいしい

昨日は昼に友達と新大久保に韓国料理を食べに行った。もともとは友達(早稲田の卒業生)が「早稲田の別のキャンパスの学食は結構豪華らしいが行かないまま卒業してしまった」というので、じゃあ今度一緒に行こうという話だったのだけど、日曜は学食が開いてないことに約束していた前日に気がついた。仕方ないので予定を変更して新大久保でランチすることになったけど、日曜の新大久保はとても混んでいたので、何が食べたいかは考えず、とにかくその時空いていたお店を選んで入った。(それでも店内で15分くらい待った)

 


f:id:arimaru_alma:20190702000845j:image


クッパです。美味しかった。

ごはんを食べたあとは化粧品を見に行った。

 


f:id:arimaru_alma:20190702000837j:image

エチュードハウスの涙袋ライナーとグロスを買った。ブルーグロス使ってみたかったから買えて嬉しい。


夕方には解散して別の友人の家でお酒を飲んでからカラオケに行った。調布の歌広は新しいしフリードリンクの種類が豊富だしで最高だった。
オールして友人の家で寝て三限に行って帰ってまた寝てたら夜になった。最近オールすると次の日が使い物にならなくなる。でも昼遊ぶよりたのしいからオール大好き🌃🌙

 

あしたは納涼船に乗る。それで多分院試までは遊び納めになる。メリハリつけて勉強がんばる✍🏽️

きのう何食べた最終回感想

きのう何食べたの最終回が最高すぎて言葉がない。ないながらに感想を少しだけ書く。
最高のドラマだった〜来週から放送されないの悲しすぎる…。

 

・実写化により気まずい空気がさらに気まずい

原作でも気まずさは伝わってたけど実際に人間が気まずそうにしてる場面の居た堪れなさ、やばい。そしてシロさんの実家の実家感すごいな…。リアルにおばあちゃん家って感じだ。原作だともっと洋風な家じゃなかった?

・ケンジが使った靴べらを受け取って元の場所に戻すシロさん

さりげない場所で相手を気遣う演技が細かい。


・「食いもんは、脂と糖分控えてさ、薄味で、腹八分目で、長生きしような、俺たち。」

この一言にこのドラマの全部が詰まってて泣きそうになった。シロさんなりのずっと一緒にいようの言葉、胸が詰まる…。原作では最後に邪魔が入ってオチがついてたけど、ドラマ版ではなしで、おや?と思ったら、次に繋がるシーンと被っちゃうからか。

中村屋の音楽

実はこのロケ地の中村屋に結構近いところに住んでいる。私は行ったことは無いけど、地元の知り合いによるとこの音楽は実際に中村屋で流れているものらしい。ダサさが妙にリアルだな〜と思ったら…。

・分けたスコーンの大きい方を譲り合うおっさん二人

カフェでの2人微笑ましい。ごめんって言いかけてありがとうって言うの原作でもすごく好きだったから忠実に再現されていて嬉しい。

・ハグ

1度目のじゃれるハグも2度目の真剣なハグも泣ける、、
相手が幸せであって欲しいって思いながら生活していくって素敵。そんなこと思える相手と結婚したい…。

 

全話を通して、よしながふみ先生の漫画のシンプルな画面が実写化されたことで、よりキャラクターの心の動きみたいなのがわかりやすくなって、ああこのときシロさんはこういう気持ちだったのか…とか、この台詞にはこんな思いが込められていたのか…と想像の幅を広げることが出来るようになって、すごくいいドラマだったと思う。原作の良さを完全に再現しつつさらにその先を行くという、漫画の実写化ドラマとしてパーフェクトな出来だったのでは?

心から第2期が待ち遠しい。

 

久しぶりにキモオタみたいな感想を書いてしまった。きのう何食べた、最高…。

6月2日



f:id:arimaru_alma:20190602232946j:image

平和の森公園にピクニックもどきに行った。

画像のオブジェは狛犬という設定らしい。あまりに概念が抽象的すぎるといちゃもんを付けていたら「まだ精度の低い機械学習が生成した狛犬って感じ」という意見が出て研究室に毒されてるな〜と思ってちょっとウケた。

 

そんなに混みそうな施設でもないしガラガラだろうと踏んでいたけどにこやかなファミリーがわんさか来ていて大盛況でちょっと気圧された。
午前中はバドミントンをしたり早起きして作ったお弁当を食べたりして緩やかな時を過ごした。



f:id:arimaru_alma:20190602232844j:image

2時間くらいかけた割にすごく美味しそうには見えないお弁当。おいしいおかずは茶色い。サンドイッチにはマスタードを塗りすぎることが美味しさの秘訣であることに気づいてしまった。

 

公園にはアスレチックコースがあったので挑戦してみた。1つ目は丸太の平行棒の上を歩こうみたいなぬるい遊具だったのでチョロ笑 一次関数くらいの難易度すわ笑 みたいにイキりながら苦戦するちびっ子にマウントを取っていたが2つ目にうんていが登場しキツすぎて突然ラプラス方程式まで難易度上げんな笑 となった。
小学生の頃は2つ飛ばしとかでうんてい渡れたの信じられない。いつのまに体がこんなに重くなったんだろう…。

 

14時前くらいに公園を出て品川まで移動しカフェに入った。その後百均に寄る用事があったので駅から2km弱ほど離れたキャンドゥまで歩いた。せっかく品川まで来たのだから水族館に行きたいなと思ったけどもう夕方だったので諦めて早めに解散した。
イルカのショーが見たい。

6月1日

知らないうちに5月が終わっていた。早い。

 

今日はオープンラボがあった。11時半スタートと聞いていたけど面倒だったので12時半に遅れて研究室に行ったら教授と私以外誰も来てなくてちょっと面白かった。13時にもう1人先輩が来たので、「今日来たの先輩で2人目です」と伝えると「俺が最後だと思っていた」と言われた。私もそう思いながら来た。うちの研究室は本当に人が集まらないので想定の範囲内だった。
11時半スタートではあったみたいだけど、13時半までは説明会があったようなので、訪問者は誰もいなかった。それまでは昨日サボった分の論文を読んだりスライドを作ったりしていた。
後からもう1人先輩が来て、そこから先は誰も来なかった。

13時半からは結構人が来て忙しかった。他大から電通大を受けたいと来る人が思ってたよりも来て驚いた。10人弱くらい来た。まあ全員は入らないにしても来年は同期が増えるのは間違いないので嬉しい。
電通大生もそこそこ来た。話しやすい後輩が入ってくれるといいなと思う。

 


オープンラボに来ている人を見ると去年の自分を思い出す。私は正直教授の人柄とか研究室の雰囲気とかブラックとかホワイトとかあまり興味がなくて、やりたいことができるかどうかでしか研究室を選ばなかった。やりたいことというのは、実際に手を動かして研究対象物を作って評価をするという研究ができるか、自分の興味のある業界に関わりがありそうな研究テーマができそうか、くらいの抽象的なものだったので、それこそ超伝導バイスに興味ありますみたいなはっきりした目標があったわけでは無いんだけれど…。
自分のやりたいことを選んだ結果先生の人柄もよく研究室の雰囲気も和やかで拘束時間はほぼ皆無という最高の研究室に来たので運が良かったと思う。スーパーピュアホワイト研に来て思ったことは研究室はホワイトならホワイトなほど良い。毎日がつらいと心が死んでしまう。
研究室を選ぶ基準は人それぞれだけど、就職組ならなるべく拘束時間の短いところを選んだ方が毎日楽しそうだから良さそうかなと思う。最後の1年くらい遊んで暮らしたいだろうし…まあ院進する私にはもう叶わぬ夢となってしまったけど…。

3時半くらいに撤退してバイト先に向かった。久しぶりにパンを売った。帰りに明日サンドイッチを作る用のパンを社販で購入した。バイト先のパンはとても美味しいので食べるのが楽しみ。
帰り道にアイスのMOWを買ってきて欲しいと親から連絡が来たのでセブンに寄ったけどMOWが売ってなくて、意地になって別のセブンとローソンとファミマとまいばすけっとをハシゴしてようやく見つけて買って帰った。MOW、絶滅してしまったのかと思った。

明日は大きい公園にピクニックに行く。楽しみ。寝坊しないようにしたい。